大竹市玖波の内科・胃腸内科・呼吸器内科・神経内科・精神科・心療内科・歯科・リハビリテーション科-メープルヒル病院

介護老人保健施設ゆうゆ

広島県大竹市玖波5丁目2番1号

TEL:0827-57-7451㈹

ブログ記事一覧

  • 広島県西部認知症疾患医療・大竹市認知症対応・玖波地区地域包括支援・合併型センター
  • 知仁会地域連携相談室
  • 介護老人保健施設ゆうゆ
  • ゆうゆ通所リハビリテーション
  • ゆうゆ訪問リハビリテーション
  • ゆうゆ居宅介護支援事業所
  • ゆうゆ訪問看護ステーション
  • 精神科デイナイトケア(通所)わくわく
  • 地域活動支援センターみらい
  • 一体型指定共同生活介護事業所あいきらきらホーム
  • メープル歯科
  • 広報誌・行事一覧
  • リンク集

認知症オレンジカフェ

QRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

メープルヒル病院は日本医療機能評価機構認定病院です

2005-06-20 Ver.4 取得
2010-06-04 Ver.6 更新
2015-05-01 3rdG:Ver.1.0 更新

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

第38回オレンジカフェいこか開催!

 金木犀の良い香りが漂う季節となりました✿食べ物も美味しく、ついつい食べ過ぎてしまうので気を付けないといけませんね。
 さて、10月18日に、第38回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を開催しました!はやいもので3周年を迎えることができました。これからも、来て下さる皆様が少しでも楽しめるよう色々、ミニレクチャー含め考えていきたいと思います♪
 

 
 今回のメインのお菓子はおまんじゅうにしたので、それに合わせてお抹茶も用意してみました。いつもは用意していないのですが、リクエストいただければ準備をするのでお好きな方は是非リクエストしてみてください。
 

 
 今回は当院の薬剤師がミニレクチャーを行いました。前回のカフェの際に、参加者の方から「睡眠薬を飲んだら認知症になるの…?」という質問があったのでそのお話を中心にしてもらいましたので、少しご紹介したいと思います。
 
 
 まず、結論からお伝えすると、睡眠薬を飲み続けると認知症になるのかどうか、という質問に対して、正しく飲んでいる場合は認知症になる可能性は低い、とのお話しでした。
 

 
 夜にしっかりと眠る事が出来ないと、日中にうとうとして活動的になれなかったり、ぼーっとしてしまったりとすると認知症にはあまりよくありません。色々お昼に運動したり、リラックスするなどの対処をして眠れる方は良いのですが、それでもどうしても眠れない…!という方は、夜に良く眠るためにも、お薬をきっちりと飲むことも大切です。高血圧の人は血圧の薬を飲む、糖尿病の人は血糖値を下げる薬を飲む、というように、夜眠れない人は眠れるお薬を飲む、という感覚で飲んでもらえたらと思います。
 
 しかし、長時間効く睡眠薬をたくさん10年20年など長い間飲んでいる方は、お昼に薬が残り、ぼんやりしてしまったりし活動的になれないことが続いてしまったりするので、認知症のリスクはあがってきてしまいます。一番は、必要な量を必要なぶんだけ飲むことが大切です。また、長く効くお薬が悪いわけではありませんが、高齢者の方は長く効く睡眠薬は日中の活動やふらつきに影響が出る可能性もあるので少し注意して見守っていただくと良いかもしれません。
 

 
 お薬について気になることや心配なことがあれば、気軽にかかりつけ医や、かかりつけの薬局で医師や薬剤師に相談してみて下さい✿
 
 
 次回は令和元年11月15日(金)14時から栗谷の大竹市農林振興センター開催を予定しております。次回も、皆様のご参加を心よりお待ちしております!
 
 一気に冷え込みが増してきました。温かい服装をして、体調を崩されないようお気を付けください。




2019-10-30 16:23:00

コメント(0)

折りたたむ

第37回オレンジカフェいこか開催!


 日増しに秋を感じられる今日この頃ですが、みなさまお変わりありませんか?
 
 さて、9月20日(金)に コミュニティサロン元町で 第37回認知症カフェ「オレンジカフェいこか!」を開催いたしました。浄土真宗 光明寺が近くにあり、歴史を感じる街並みでした。
 


 雨が降るあいにくのお天気でしたが、コミュニティサロン元町では地域の男性陣が将棋で真剣勝負を楽しまれていました。



 今回のカフェには前々回も来られていた方が来てくださいました!初めて会う方もいらっしゃいましたが皆さんすぐに打ち解けて最後まで話が尽きませんでした。特に運転免許更新時のちまたの話や大事な年金の話など生活に密着した話題で大変盛り上がりました。


 リフレッシュタイムのミニレクチャーはカフェスタッフより「笑いと認知症の予防」というテーマで行いました。
  
 皆さんは最近一番笑ったことは何でしょうか?
 笑いはユーモアを理解して、面白いと思い起こる行動⇒高次脳機能により維持されています。

 笑う事が多い=高次脳機能を維持している⇒笑う事が脳機能維持に働く可能性があるということにつながるそうです。
 
 そこでどんな笑いが良いのか?ということですが、例えば「笑いヨガ」、「好きなお笑い番組を見る」などがお勧めだそうです。「笑いヨガ」はお伝えすることが難しいということで本日のカフェでの紹介はなかったのですが、せっかくの機会ですので調べてみました!
 
 簡単にご紹介すると「笑いヨガ」は「笑いの体操」と「ヨガの呼吸法」を合わせた体操で、酸素をたくさん取り入れることができ、健康と活力が実感できるそうです。特別楽しい話を必要としないで理由もなく笑うそうです。簡単そうで難しい!?興味のある方、ぜひやってみてください!そして感想を聞かせてくださいね!
 
 もう一点、「好きなお笑い番組を見て笑う」こちらは皆さん取りかかりやすいかもしれません。
 

 
 おすすめ番組があったら教えてくださいね。
 
 
 レクチャーの最後は、童心に返り「桃太郎」の紙芝居で間違い探しをしました。
 

 
 皆さんは上の写真の間違いに気が付きましたか?
 あれれ、桃太郎ではなく、一寸法師が川下りをしていました!
 
 このように、紙芝居に出てくる様々な間違い探しをしながら、みなさんと「あっ!一寸法師!」「おじいさんが川で洗濯している!」など和気あいあいと楽しみました。
 
 間違いを見つけた時には皆さん思わずほっこり笑顔に。
 観察力や注意力、集中力を高めながら、笑いありの楽しい時間を過ごすことができました。
 

 
 次回は令和元年10月18日(金)14時から老人保健施設ゆうゆ ボランティアルームでの開催を予定しております。ミニレクチャーは当院薬剤師より認知症のお薬についてのお話があります。次回も、皆様のご参加を心よりお待ちしております♪
 朝晩と肌寒くなってきていますがみなさま十分体調にはお気をつけてお過ごしください。
 


 




 

2019-09-30 11:27:00

コメント(0)   |  トラックバック (0)

折りたたむ

第36回オレンジカフェいこか開催!


 朝顔の花にも名残惜しさが感じられる頃となりした。みなさまはお変わりなくお過ごしでしょうか?
 さて、8月23日(金)に、第36回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を開催しました!
 

 
 今回のミニレクチャーでは当院の作業療法士が「脳トレゲーム」というテーマで脳を楽しく鍛えるゲームを行いました。
 
 まずはじめに、うさぎとかめの童謡に合わせて、もしもしかめよかめさんよ~♪は右手で左肩を叩く、せかいのうちでお前ほど~♪は左の手で右肩を叩く、というふうに、フレーズと対応した動きを歌いながらしてみる、というゲームを行いました。
 歌いながら、というところがなかなか難しく、ゆっくりだとまだ良いのですかスピードが速くなると混乱してきてしまいました・・・。
 

 
 歌詞を準備しておかないと更に難しさがあがるかもしれませんが、お家でも簡単にできるので是非やってみてください。お好きな音楽に変えてやってみても良いかもしれませんね♪
 
 つぎに、30まで数を数えながら、3の倍数は手を叩く、5の倍数は手を挙げる、3と5の倍数では手を頭の上で叩く、というゲームを行いました。数字を見ながら行うとまだ大丈夫ですが、見ずに行うと、もう難しくて大変でした!
 

 
 他にも、かたつむりの歌を歌いながらリズムに合わせて、下にチョキの手、上にグーの手がくるように交互にかえていく、というゲームも行いました。単純なゲームではあるのですが、こちらも慣れるまではなかなか手こずりました・・・!
 

 
 この他にもお家でも少し準備をしたら出来るものや、準備なくできる簡単なゲームも今回皆さんで一緒にさせてもらいました✿その他のゲームが気になる方は、是非、また脳トレゲームを行う際に参加してみて下さい♪
 

 
 カフェタイムでは、初めて来られた方も今回多くいらっしゃいました。はじめは緊張されていた方も最後はわいわいと話され賑やかな雰囲気となりました✿
 
 
 次回は令和元年9月20日(金)14時からコミュニティサロン元町で開催を予定しております。次回も、皆様のご参加を心よりお待ちしております♪
 お盆もすぎ、台風が多くなる季節となり、先日も大型の台風が中国地方を直撃しました。雨の被害も多くなるかもしれませんので、みなさま十分お気をつけてお過ごしください。









 

2019-08-30 12:01:31

コメント(0)

折りたたむ

認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!!」


 当院では、認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!!」を開催しています。「オレンジカフェ いこか!!」とは、物忘れの気になる方や認知症の方、そのご家族が気軽に日々の悩みや病気について話し合う場です✿


 このカフェの名前の由来は、物忘れが気になるけれど、悩みを話せる場がないという方、認知症のご家族を介護していて困ったことを相談したいという方が、「行こっか!!」と気軽な気持ちでカフェに来ていただき、楽しんでもらえたらという思いを込めてこの名前となりました。
 平成28年9月29日に第1回目を開催し、平成28年度は月に1回のペースで行っております。毎回カフェタイムとは別に、当院の理学療法士、薬剤師、管理栄養士、作業療法士、歯科衛生士などの専門職による認知症予防や対策にまつわるミニレクチャーを行い、ご好評をいただいております。




 同じような気持ちを抱えていらっしゃる方同士で、今の気持ちについて一緒にお話しをしてみたり、認知症の専門医、看護・介護の専門職へ、日々の困りごとなどを気軽にお話してみませんか??お茶やお菓子を食べながら、少しほっとするような、楽しいひと時を一緒に過ごすことが出来たらと思っております。
 
✿開催場所:老人保健施設ゆうゆ、地域の公民館など
✿参加費  :100円(飲み物、お菓子代として頂いています)
✿交通手段:ゆうゆでの開催の差異は、駐車場があります。お車でもお越しいただけます。
         玖波駅西口(山側)より送迎もあります。送迎をご利用の方は必ずご予約をお願いしております。

 


✿お問い合わせ
 広島県西部認知症疾患医療・大竹市認知症対応・玖波地区地域包括支援・合併型センター(メープルヒル病院 本館1階)
   ☎:(0827)57-7461(直通)
   FAX:(0827)57-5312
   ✉:tijinkai@urban.ne.jp
 事前申し込み、お問い合わせは電話、メールにて承っております。
 







 
 

 

2019-08-30 11:29:00

折りたたむ

第35回オレンジカフェいこか開催!


 先日の勢いよく降る雨音に驚かれた方も多かったかと思います。いよいよ梅雨明けも近づき、夏本番の厳しい暑さが迫ってまいりました。地域の夏祭りや花火大会のお知らせを目にされることも多くなってきたのではないでしょうか。
 

 
 さて、7月19日(金)に、サントピア大竹(大竹市総合福祉センター)にて第35回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を開催しました!
 

 
 サントピア大竹は国道2号線沿い、JR大竹駅の近くにあります。曜日によってサロンが開催されていたり、社会福祉協議会や地域包括支援センターもありますので、利用されたことがある方もいらっしゃるかもしれませんね。
 
 今回のカフェには地域の方や認知症の方のご家族などが参加されました。
 初参加の方もおられ、カフェタイムでは健康のために気を付けておられること、最近の心配事などを話されていました。何度もオレンジカフェにご参加いただいている方からは、「ここでカフェ仲間が出来た」と大変嬉しいお言葉をいただきました。
 
 
 
 ミニレクチャーではカフェスタッフより「認知機能低下を防ぐポイント~呼吸・運動編~」というテーマで話をしました。
 

 
 脳の中で記憶を司る「海馬」はストレスに弱くダメージを受けやすいと言われています。感情を安定させる物質として「セロトニン」を分泌させると、海馬の細胞が増え、元気が出てきます。
息を吐きながら「ひとーつ」、「ふたーつ」とゆったりとした速さで声に出して数を数えるようにすると、自然と腹式呼吸になり海馬を鍛えることができます。
 
 また「片鼻呼吸法」というものもあり、片方の鼻を押さえて呼吸することで、脳の神経細胞、特に記憶力を良くする働きのある一酸化窒素をたくさん吸収することができると言われています。これなら、TVを観ながらでも手軽にできそうですね。
 
 
 その他、手先の運動をすることで、脳の活性化に繋がることがわかっています。簡単にできる手先の運動をひとつご紹介します。
 
 
✿方法✿
①いつもと逆に手のひらを組む。
 指を交互に重ねて両手を組みます。普段、右親指が上になる人は左が上になるように組みましょう。

②指を1本ずつ順に伸ばしていく。
 親指から順に1本ずつ伸ばしていき、全部伸ばしたら逆順にやってみましょう。

③肘を交差させて指伸ばし
 腕を前に出してねじってから手を組み、腕を内側に回して構え、②の要領で順に指を伸ばします。

④いつもと逆に両腕を組む
 自然と腕を組んだ時にどちらが上かを確認し、普段と反対の腕を上に組みます。
 


 
 
 簡単そうに見えて、なかなかスムーズに行かない人も多いかもしれません。上手にできなくても手先を動かすだけで十分効果はあるそうです。指には脳へと繋がる神経が多いため、手を活発に動かすとその刺激は脳の多くの部分に伝わります。手先の運動は準備するものも不要で、いつでも手軽にできますのでおしゃべりの合間にやってみてくださいね。
 
 今年は梅雨明けが遅れ、はっきりしない日が続いています。これから暑い季節となってきますが、エアコンの効きすぎで夏風邪などお召しにならないようご自愛くださいね。
 
  
 次回は令和元年8月23日(金)14時から老人保健施設ゆうゆでの開催を予定しております。
ミニレクチャーでは作業療法士による脳トレゲームを企画しておりますのでお楽しみに☆
 次回も、皆様のご参加を心よりお待ちしております♪







 

2019-08-01 15:56:00

コメント(0)

折りたたむ

第34回オレンジカフェいこか開催!

 
 日ごとに陽射しも強くなり、木陰の恋しい季節となってまいりました。今年は梅雨も遅く、湿度で体の怠さや頭痛など体調の変化を感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 さて、6月21日(金)に、第34回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を開催しました!
 

 
 今回のミニレクチャーでは当院の歯科衛生士が「お口のマッサージやリハビリについて」というテーマで話をしました。
ミニレクチャーでは、歯周病の話や口臭についての話がありましたが、今回はその中から口臭の原因にもなる唾液不足を解消する、唾液腺マッサージについてご紹介したいと思います。
 

 
 
 
✿唾液腺マッサージ✿
 まず、効果として唾液腺の萎縮を防ぎ、加齢による唾液分泌機能の低下や、内服薬などの影響による口渇を予防します!
 それでは、さっそくやっていきましょう!
 
方法
①耳下腺を刺激する
 人差し指から小指までの4本の指を耳の前の頬(上の奥歯あたり)にあて、後ろから前に向かってゆっくりやさしく回していきます。
②顎下腺を刺激する
 顎下腺はあごの骨の内側の柔らかい部分にあります。親指を顎の骨の内側のやわらかい部分にあて、顎の下から耳の下まで5か所ほど、順番にずらして押していく。
③舌下腺を刺激する
 舌下腺は、あごの先のとがった部分の内側、舌の付け根のあたりにあります。下顎の真ん中あたりに両手の親指あて、舌を押し上げるようなイメージで、指でグーッと押し上げていきます。
 (①から③を5~10回繰り返します)
 
 年齢を重ねてくると、唾液が分泌しにくくなってきます。口腔内が乾燥してしまうと、虫歯や歯周病の悪化の原因にもなります。また、口腔内の細菌が増殖し、誤嚥性肺炎の原因にもなります。ちょっと最近乾燥しているかも…という方は、是非気が向いた時にでも唾液腺 マッサージをしてみてください。ご家族と一緒にやってみるのもおすすめです♪
 

 
 カフェタイムでは、これまでに何度もカフェに参加されている方が多く、顔なじみ同士で和気藹々と近況報告や最近のご様子などをお話されていました。スタッフも賑やかなカフェで楽しい時間を過ごさせていただきました♪
 

 
 次回は令和元年7月19日(金)14時からサントピア大竹で開催を予定しております。次回も、皆様のご参加を心よりお待ちしております♪
梅雨明けとともに、暑さも本格化してまいります。体調管理には十分気をつけてお過ごしください








 

2019-07-01 11:52:00

コメント(0)

折りたたむ

第33回オレンジカフェいこか開催!

 強まる日差しに夏の気配を感じる季節となりました。各地で真夏日になったところも多く、熱中症など気を付けなければいけないですね。
 
 さて、5月19日(金)に第33回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を大竹市総合市民会館にて開催しました。



 今回のミニレクチャーは「食生活を見直そう~認知機能低下を予防する食習慣とは~」というテーマでお話をしました。
 
 認知機能低下を予防する食生活とはいったいどんなものが良いのでしょう?今回レクチャーだ話したお話の中からいくつかご紹介します✿


①パンよりもお米を食べる
 ⇒ご飯は、白米よりは玄米、雑穀米や押し麦をいれたものなどがおすすめです。どうしてもパンが良い場合は、全粒粉、ライ麦パン、ふすまパン(ブランパン)がおすすめです。
②野菜は生よりも火を通して食べる
 ⇒生だと量をたくさん摂らなければならず、胃腸の調子が悪くなったり、身体を冷やしてしまうこともあります。煮炊きして、多様な調理方法で取るのをお勧めします。特におすすめの野菜は、ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で抗ガン作用に優れているといわれているアブラナ科の野菜(大根、白菜、キャベツ、ブロッコリーなど)です。
③お肉よりもお魚を食べる
 ⇒DHA(脳神経細胞の補修、維持する働きがある)やEPA(血液をサラサラにして血栓を防ぐ)などのオメガ3脂肪酸の摂取量を増やすと良いとされています。マグロ、アジ、サバなど、身近な魚にも含まれているので、普段の食卓にも取り入れやすいと思います。その他、気を付けることとしてバターやラードなどの動物性の脂肪を摂りすぎないことが大切です。お肉が食べたいときは、脂肪分の少ない鶏肉がおすすめですよ!



 そんなに気を付けていられない・・・食べたいものを食べたい・・・!という方もいらっしゃると思います。ですが、食事は毎日行うものですので、どこか1食だけでも無理のない範囲で取り入れてみてくださいね。
 
 認知症カフェでは、認知症予防に役立つお話もしております。また、簡単な認知機能のテストもできるので、最近物忘れがちょっと心配・・・という方も是非いらしてみて下さい✿


 
 次回開催は、令和元年6月21日(金)14時からメープルヒル病院 老人保健施設ゆうゆ1階ボランティアルームにて開催予定です。ミニレクチャーは、歯科による「口腔マッサージ・リハビリ」を予定しております。皆様のご参加を心よりお待ちしております♪
 だいぶ暑い日が多くなってきました、水分補給などをしっかり行い、無理の無いよう、体調にお気をつけてお過ごしください!







 

2019-06-07 14:35:12

コメント(0)

折りたたむ

第32回オレンジカフェいこか開催!

 
 新緑がまぶしい季節となりました。みなさまいかがお過ごしでしょうか?大型連休も終わり、5月からは元号が平成から令和へと変わりました。新しい時代が始まっていきますね✿
 
 さて、4月19日(金)に、第32回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を開催しました!
 

 
 今回のミニレクチャーでは合併型センター担当医師が“認知症と家族”というテーマで話をしましたので、内容を少しご紹介したいと思います。
 
 はじめに認知症の中でもっとも多いアルツハイマー型認知症について説明がありました。
 アミロイドベータ(Aβ)というタンパク質が脳に蓄積することや神経細胞の脱落や変性により脳が萎縮することで認知機能が低下すると、認知症の前段階である『軽度認知症(MCI)』という状態になります。そこから、症状が進んでくると抑うつ、幻覚、妄想などの行動・心理症状が現れます。そして徐々に日常生活動作(ADL)の低下が見られるようになり、重度になると寝たきりになったり食事がとれなくなったりして肺炎や褥瘡(床ずれ)が発生していきます。
 

 
 認知症の方を理解するうえで、症状を見るだけではなくその方の置かれている状況や背景を知る方法のひとつとして「ライフサイクル」「家族周期」「家族のシステム」についての紹介がありました。
 
 まず、ライフサイクルとは、人は誰でも一生のいくつかの時期にそれぞれ乗り越えるべき課題(発達課題)があるというものです。思春期、青年期、中年期、老年期などの段階に分けられており、それぞれの年代には相対する2つの課題があります。
例えば、60歳代の老年期であれば、『統合-絶望』が課題と言われています。子供の手が離れ、これまでの自分自身の生き方を振り返って肯定的に受け止めるようになり、経験や知識を知恵に変える「統合」と、自分や家族の病気、自分の身近な人が亡くなるような喪失体験をする「絶望」の2つの対比する課題です。
 

 
 ライフサイクルは個人を対象としていますが、それと同様に家族にも発達・成長の段階があります。
それを家族周期といいます。家族周期とは、夫婦が結婚して亡くなるまでの一連の経路の事で、家族としての機能がどの段階にあるのかをみることができるものです。
 こちらもライフサイクルと同じように、各時期にそれぞれ発達上の課題があり、また危機もあります。色々な精神障害も、環境や社会と関連して起こりやすい人生の節目がだいたい決まっています。次の段階への移行期には、それまでの安定的な状態が崩れやすくなってきます。安定と不安定を繰り返しながら家族の絆を強めていくことで家族は発展していきます。変化の時期は特に精神面への負担が大きく、例えばうつやアルコール依存が強くなり、認知症の人であればこの時期に行動・心理症状が出やすくなります。
 

 
 そのような中、家族システム(家族を構造・機能・発達の視点で捉える)という考え方で、家族を1つのシステムとしてうまく回していくことで、個人の危機をサポートしていくことも必要となってきます。家族の中で支える事が出来れば良いですが、難しくなってくることもあると思います。家族の事で心配なことがあれば、家族面談やケア会議なども行っております。行き詰った、どこに相談すれば良いか分からないという方はどうぞ、当センターや認知症カフェを訪ねてみてください。
 
 家族が変われば、認知症の方が変わることがあります。個人と家族は影響し合っているので、お互いを成長させながら健康に過ごせたら素敵ですね✿
 

 
 カフェタイムでは、ご参加いただいた方より「普段は家でこもりがちだったけれど、今日はカフェに来てよかった」と嬉しいご感想をいただきました。私たちスタッフも皆様と心温まる時間が過ごせました。
ご希望の方へは簡単な物忘れの検査をさせていただいております。お気軽にお声かけください。
 
 
 次回開催は、令和元年5月17日(金)14時から大竹市総合市民会館で開催予定です。次回も、皆様のご参加を心よりお待ちしております♪
陽射しも暖かくなり、そろそろ半袖で過ごしても良い日が増えてきました。これから暑い季節になってきます。外出する際や家の中でも水分補給をしっかりして、体調に気をつけてお過ごし下さい!
 
                                        

2019-05-15 11:37:36

コメント(0)

折りたたむ

第31回オレンジカフェいこか開催!

 
 
 桜の花も満開を迎え、より一層春を感じる季節となりました。入学式、入社式などもあり新生活をスタートされた方も多いのではないでしょうか。どのような1年をむかえるのか今からわくわくしてきますね♪
 

 
 さて、先日は3月22日(金)に、第31回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」をおがたピアにて開催しました。
 

 
 今回のミニレクチャーでは“タッチングで安心感を!~ハンドセラピー~”というテーマでお話をしました。今回は実際にスタッフが参加者の方へハンドセラピーをさせていただいたので、その方法などを少しだけご紹介したいと思います。 
 
 “ハンドセラピー”とインターネットで検索すると、作業療法の訓練のようなものから、手のツボを押したりして症状の緩和や改善を目指すもの、リラクゼーション目的など様々なものが出てきます。今回カフェでは、触れることで不安な気持ちを軽減したり、落ち着くことが出来る、という目的で行ったので、リラクゼーション目的が一番近いかなぁと思います。

 

 それでは、簡単にではありますが今回のカフェで行った方法をご紹介します。

ハンドセラピーの方法
 ①タオルで手をつつみ、はじまりのあいさつをします。
 ②片方の手をタオルの上に置き、オイル(ハンドクリームでも代用可)を手にとり、相手の手になじませます。
 ③まずは手の甲、次に骨の間、指の側面と表裏、再び手の甲、手のひら、手首、と順番に、優しくゆっくりとさすっていきます。
 ④片側の手が終わったら、手をタオルにつつみ、もう片方の手も同様にさすっていきます。
 ⑤両方の手をタオルに包み、終わりのあいさつをします。
 

 
 力強くマッサージするのではなく、優しく触れる、ということをしますので、特別な技法がなくても相手を思う温かな気持ちがあれば誰でも出来るのでは…と思います。是非身近な誰かにやってみてください✿

 
 
 参加された方からも、冷たかった手がぽかぽかになった!安らいだ!と好評でした♪
 
 次回は、平成31年4月19日(金)14時から 老人保健施設 ゆうゆ(メープルヒル病院併設)で開催予定です。ミニレクチャーは当合併型センター担当医師からのお話を予定しています!詳しい内容は、当日までのお楽しみに!
 新年度もはじまり、何かとバタバタすることも多いと思います。忙しすぎて体調を崩してしまったりされないよう、ご自愛ください。次回のご参加を心よりお待ちしております♪
 



 

 

2019-04-04 15:13:26

コメント(0)

折りたたむ

第30回オレンジカフェいこか開催!


 今年は雪も少なく、暖かいところも多いのではないでしょうか?梅の花も見ごろを迎えたところもあり、春の訪れを感じますねさて、先日は2月15日(金)に、第30回目の認知症カフェ「オレンジカフェ いこか!」を開催しました。
 
 今回のミニレクチャーでは当院の理学療法士が“運動習慣が物忘れを予防する”というテーマでロコトレのお話を行いました。ロコトレって…??あまり聞かれたことの無い方も多いと思いますので、今回はこのロコトレについて紹介させていただきます♪
 

 
ロコモとは?
 ロコモティブシンドロームのことで、運動器症候群とも言います。足腰が弱くなって自分の足で歩きにくくなっていることを意味します。この運動器の障害で要介護になるリスクが高いとされています。このロコモの予防のために、ロコトレは効果的です。
 
ロコトレとは?
 ロコモーショントレーニングの略で、体を動かし、支えている「骨、関節、筋肉などの運動器」の衰えを防止する簡単な運動のことです。



 まず、自分にあった安全な方法で行ってください。多くやれば良いというものでも無いので、少しずつ、無理の無い程度で行ってください。今回は実際にカフェでも行った、座ってできるトレーニングをいくつかご紹介します。
  
①膝のばし
 座った状態のまま、片脚を前にあげるように踵を上にあげ、足が床と平行になるように足を伸ばします。その状態のまま10秒間を左右交互に5回、1日に2~3セット行います。
 ポイント
  ・膝を伸ばすのを意識して行いましょう
  ・背中をそらさないようにしましょう
 

 
②腿上げ
 座った状態のまま、腿を垂直に上にあげます。
 ポイント
  ・目安として、1日左右10回を2~3セット行います
  ・高く上げすぎないように気を付けましょう
  ・背中はそらさないようにしましょう
 

 
 週1回未満しか人と会わない、いわゆる閉じこもりの人は、週1回以上人に会う人と比べて、物忘れや記憶力低下になるリスクがあがってきます。運動習慣を身につけ、足腰を健康的に保つことは物忘れの予防にもつながります。是非このロコトレを日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?✿
 
 
 

 
 次回開催は、平成31年3月22日(金)14時から おがたピアで開催予定です。
 まだまだ寒い日が続きますので、お身体にお気をつけてお過ごしください。次回のご参加を心よりお待ちしております♪






 

2019-02-21 16:02:35

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4